stick
 

blueline

1 アレルギー情報タウン 一般

アレルギー疾患(およびリウマチ性疾患)について厚生労働省研究班が作成したHPです。協会理事長・東大名誉教授宮本昭正先生の監修のもとで、アレルギーに関する解説が わかりやすくされています。

blueline

2 気管支喘息(日本医師会) 一般

気管支喘息について日本医師会が作成した解説。症状と診断・治療についてよく解説してあります。喘息予防・管理ガイドライン1988に基づいた最もオーソドックスな解説です。

3 喘息などの情報(公健協会) 一般

環境再生保全機構(旧公害健康被害補償予防協会)が作成したもので、小児~思 春期 ~成人の喘息のそれぞれについてきめ細かいQ&Aが用意されています。また、喘息 につ いての基礎知識も充実しています。

あなたと家族のための喘息読本 一般
世界的に広く認められているガイドラインGINA(Global Initiative for Asthma)を日本人に合うようにアレンジした解説です。非常にわかりやすく丁寧です。

5 喘息と仲良く暮らそう 一般
日本アレルギー協会が作成した喘息の解説書。同愛記念病院の副院長馬場実先生(小児科)監修。

6 ピークフローをはかりましょう 一般

気管支喘息の治療において肺(呼吸)機能の状態を把握する上で必須の小道具がピークフローメーターですが、まだまだ十分普及していないのが実情です。ピークフローメーターの意味とその使い方についてわかりやすく解説しています。

7 喘息予防・管理ガイドライン1998改訂版(厚生省免疫・アレルギー研究班) 一般

喘息予防・管理ガイドライン2003改訂版(厚生省免疫・アレルギー研究班) 一般
気管支喘息の治療方法について厚生労働省がガイドラインを作成しています。2003年
秋に改訂されました。

8 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2002(日本小児アレルギー学会) 一般

同じく小児喘息のガイドラインです。2才以下の乳児、2~5才の幼児、6~15才の年長児に分類してそれぞれの治療ガイドラインを示しています。

blueline

花粉症(日本医師会)  一般


花粉症について日本医師会が作成した解説です。わかりやすく症状、メカニズム、検査法、治療について解説されています。

10 花粉症なんか怖くない  一般

日本アレルギー協会が作成した花粉症の解説。日本医科大学名誉教授奥田稔先生の監修。

11 慈恵医大耳鼻科の花粉症のページ  一般・医師

慈恵医大耳鼻咽喉科の今井透先生(現在聖路加病院に異動されました)が作成されて管理されているHP。花粉症についての情報が満載で、特にスギ花粉症のシーズンである2月~4月にかけては情報が有用で、非常に重宝します。

12 花粉症(参天製薬) 一般

目薬のメーカーである参天製薬が花粉症の目の症状についてわかりやすく解説しています。

13 花粉症・ナビ(協和発酵)  一般

日本医大耳鼻咽喉科大久保助教授の監修のもとで、花粉症の発症のメカニズムや治療
法が詳しく解説されています。製薬会社協和発酵のページです。

blueline

14 アトピー性皮膚炎について考えましょう  一般

厚生労働省の科学研究により作成された解説。「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン2001」をわかりやすく説明しています。九州大学皮膚科教授の古江増隆先生が作成責任者です。ちなみに彼は私の大学1年からの親友です。医学部のサッカー部でも一緒でした。

15 アトピー性皮膚炎(日本医師会)  一般

アトピー性皮膚炎について日本医師会が作成した解説です。アトピー性皮膚炎の症状や治療のほかに、悪化を防ぐ方法についても詳しく解説しています。

16 かゆくたってへっちゃら 一般

日本アレルギー協会が作成したアトピー性皮膚炎の解説です。藤田保健衛生大学皮膚科教授の上田宏先生の監修

17 アトピー性皮膚炎のガイドライン 医師

「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン2001」の全容です。医師がアトピー性皮膚炎の治療を行っていく上で大変参考になる内容です。治療成績によって毎年バージョンアップされていくことと期待しています。九州大学皮膚科教授の古江増隆先生が責任者です。

18 皮膚アレルギー対策本部(アベンティスファーマ社) 一般

製薬メーカーが作成・管理しているHPです。暮らしの中のアトピーとして、聖マリアンナ医大皮膚科教授の溝口昌子先生がQ&A方式で解説しています。

blueline

19 アナフィラキシー対策フォーラム  一般

アナフィラキシー及びショックについて独協医大の福田健教授が監修しています 。

20 口腔アレルギー症候群   一般

アナフィラキシー及びショックについて独協医大の福田健教授が監修しています 。 くちびるや口の中の粘膜、さらにはその周囲の粘膜組織(上咽頭、鼻、目等)に アレ ルギー症状が起こるものを総称してOAS(Oral Allergy、Syndro me、口腔アレルギ ー症 候群)といいます 。

blueline

21 グラクソ・スミスクライン 喘息治療薬ラインアップ  一般

喘息治療薬のフルタイド、セレベント、サルタノールの使用説明のページです。気管支喘息の解説、治療方法、薬剤の具体的な使用方法について親切に解説しています。

22 アストラ・ゼネカ パルミコートの使用法 一般

喘息治療薬吸入ステロイド剤のパルミコートについて、具体的な使用方法を解説しています。気管支喘息については、帝京大学の大田健教授が解説しています。

blueline

23 薬の便利帳   一般

くすりの一般的情報と各製薬企業の「くすり相談窓口」の情報があります。

24 東京都健康局のホームページ  一般

東京都健康局のHPです。医療の多岐にわたる話題について取り上げられている総合的な医療情報です。

25 医薬品情報提供ホームページ  医師

医薬品副作用被害救済・研究振興調査機構(略して医薬品機構)が管理している薬剤情報です。医師向けの最新情報が掲載されています。

26 検査で何がわかる(日本医師会)  一般

医療機関で行われる検査の目的やしくみについて、日本医師会が丁寧に解説しています。健康診断や人間ドックで異常を指摘された方はお読みになると参考になると思います。

27 かぜ症候群(日本医師会)  一般

皆さんが普段良くひく「風邪」について日本医師会が詳しく説明してくれています。

28 インフルエンザQ&A(厚生労働省)  一般

インフルエンザと風邪の違いについて、また、インフルエンザの予防接種について厚生労働省および日本医師会が非常に丁寧に詳しく解説しています。

29 インフルエンザQ&A(感染症情報センター)  一般

インフルエンザについて詳細な情報(平成15年度版)を、感染症情報センターが解説しています。