blueline

1)アレルギー科とは

アレルギー疾患には気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、花粉症、アトピー性皮膚炎、じんましん、口腔アレルギー症候群(OAS)、接触皮膚炎、薬のアレルギーなどがあります。アレルギー反応が起こる場所がさまざまであるため、現れる症状によって、内科、耳鼻咽喉科、皮膚科、眼科など各科を受診しなければならないことが多々あります。気管支喘息とアレルギー性鼻炎を合併している患者さんも多くいますし、気管支喘息とアトピー性皮膚炎を合併している患者さんも大勢います。また、花粉症の季節にかゆい目の周りを掻いてアトピー性皮膚炎の症状を悪くしている患者さんもたくさん来院されています。
 最近の特徴として、新鮮な果物を食べた直後に口の中が痒くなる「口腔アレルギー症候群(OAS)」の患者さんが増えてきています。食物アレルギーと初夏(イネ科)から秋(ブタクサなど)にかけて起こる花粉症との関連も段々わかってきていて新たな知識を持って診療に当たることが大切になってきています。また、1か月以上乾いた咳がでる患者さんの中で、気管支喘息の一歩手前の病気と考えられている「咳喘息」の患者さんが増加している印象があります。
 開業してびっくりするのは、なかなか良くならない咳の患者さんに、気管支喘息を疑って喘息の薬を投与してから内科受診を指示する耳鼻科の医師もかなりたくさんいます。皮膚科の医師で、気管支喘息に対する正しい認識をもって治療ができる先生はほとんどいないのが実情ですし、喘息の治療ができる内科医は呼吸器科の医師が多いので、アトピー性皮膚炎に対する治療を適切にできる医師はほとんどいないのが実情です。そこで、1996年に厚生労働省は「アレルギー科」という新しい科を創設することにしました。アレルギー症状・疾患を総合的に診療しましょう、という目的です。当院では、内科・アレルギー科を標榜しておりますが、実際の診療では、次の項目に示すように、内科医のできる範囲で、患者さんのアレルギー症状を総合的に診療したいと心掛けています。

2)総合診療

当院では、アレルギーの総合的な診療を心がけて診察しております。アレルギーの原因物質(アレルゲンと呼んでいます)に反応しやすいかどうか血液検査も実施しています。アレルギーの原因やきっかけを知っておくことは、症状を最小限にくい止めるためには必要な検査です。アレルゲンを皮膚に落として針で引っ掻いて反応をみる皮膚テスト(プリックテスト、スクラッチテスト、皮内反応など)は現在当院では実施しておりませんので、ご了解下さい。原因がわかれば原因物質を避けることがアレルギー疾患に対する最も大切な根本的な治療法です。
 アトピー(アレルギー)体質があるかどうかは非特異的IgE値で、また各種アレルゲン(アレルギーの原因物質)に対する特異的抗体も検査することができます。現在の保険制度が続く限りアレルギー検査は比較的高い検査ですので医療機関としては心苦しいのですが、3割負担の患者さんで10項目くらい検査しますと、診察料を含めて6-7,000円くらいかかります。 また、最近アトピー性皮膚炎の重症度を判定できる客観的血液検査としてTARC(タルク)を調べることができます。アトピー性皮膚炎が治療により良くなっているかどうか、効果の判定に有用です。
 また、気管支喘息、咳喘息の診断にはスパイロメーターという呼吸機能検査を実施することが多いのですが、そのほかに最近、生理機能検査「呼気中一酸化窒素(NO)濃度」が保険診療として認められるようになり、当院も導入しました。気管支喘息の診断と治療効果の判定に役に立つと思います。

3)診療の実際(ガイドラインの利用)

気管支喘息の治療の主役となっている吸入ステロイド剤に対する誤った情報がネット上にも溢れていて、治療がうまくいっていない患者さんや医師と上手くコンタクトが取れていない患者さんがかなり多くいます。誤った情報を鵜呑みにしないことが大切です。アトピー性皮膚炎に対する治療は、かゆみに対する経口抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤が大切で、外用薬は保湿剤が最も重要ですが、炎症の強い場所にはステロイド外用剤やプロトピックなどの外用免疫抑制剤が最も有用です。最も治療効果の足を引っ張っているものは「習慣性掻破」です。つまり、小さい頃からの掻き癖です。この掻き癖が少しでも良くならない患者さんはなかなか良くなりません。
 当院でのアレルギー治療は、医学的な根拠に基づいて作成された日本アレルギー学会が作成し、頻回に改定させている「ガイドライン」(喘息予防・管理ガイドライン2012、喘息予防・管理ハンドブック(成人編)2013鼻アレルギー診療ガイドライン2009アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2012アレルギー疾患診断・治療ガイドライン2013)を基本的に活用した上で、患者さんそれぞれの特性に応じた治療を心がけています。健康保険の効かない特別な民間療法は一切行っておりませんのでご了解下さい。外用ステロイド剤を使わないで治療して欲しいという患者さんや、漢方薬だけで治療して欲しいという患者さんには対応できませんので、予めお断りしておきます。
 当院ではアレルギー疾患を総合的な診療を心掛けておりますので、使用する薬剤は内服薬だけでなく、点鼻・点眼・軟膏・クリームなどの外用薬も同時に処方します。アトピー性皮膚炎とアレルギー性鼻炎などアレルギー疾患を合併している患者さんは当院一箇所で治療薬の処方を受けられますので、他の科をダブって受診する必要が少なくなります。もちろん、当院で対処できない難治性の症状に対しては専門病院や大学病院などの専門医を紹介します。
 気管支喘息の発作に対しては、院内での点滴治療も可能です。ただし、吸入ステロイド剤を中心とした長期管理治療がうまくいっていれば、点滴を必要とする患者さんはかなり少なくなりました。頻回に点滴の必要な患者さん、あるいは入院治療の必要な難治性の喘息患者さんは喘息専門病院を紹介いたします。

4)その他 

気管支喘息やアレルギー性鼻炎に対して特異的減感作療法があります。原因となっているアレルゲン(抗原)を薄い濃度から皮下注射していき、次第に濃い濃度に上げていってアレルギーの原因物質に対する抵抗力を強くしてアレルギー症状を抑えようという治療法です。当初、患者さんの要望があれば実施する予定でしたが、アレルギー学会のガイドラインに基づいた治療によって大部分の患者さんは改善傾向が認められていますので、現時点で、減感作療法は実施していません
 最近、スギ花粉症に対する「経口減感作療法」が厚生労働省により認可され、一定の講習を受けた医療機関による治療が始まっています。当院も実施可能機関になっておりますが、この治療法の効果、副作用、など2-3年は他施設の状況を見て実施するかどうかを決定する予定です。現在は準備中と考えて頂いて結構です。
 アレルギー物質と接触して24-48時間後くらいにリンパ球の反応として現れる接触皮膚炎には、診断にパッチテストが有用です。当院では実施しておりませんので、ご了解下さい。また、食物アレルギーの場合、対象食物が摂食可能かどうか検査する「食物負荷試験」は、万一を考えて、入院施設が必要なため当院では実施しておりません。必要な場合は、実施している専門施設を紹介致します。

blueline
内科の一般的な病気にも対応しております。高血圧、高脂血症(脂質異常症)、糖尿病、肝機能障害、高尿酸血症・痛風などの生活習慣病(いわゆる成人病)の診療はもちろん、会社や地方自治体の健康診断で異常を指摘された病気のフォローアップもできます。風邪、インフルエンザや腹痛などにももちろん対応できます。 糖尿病で、インスリンを導入しなければならない場合は、近くの糖尿病専門医に紹介しております。小児については小学生から対応しています。小学生未満の児童のアレルギー検査を希望される方には対応できませんので、ご了解下さい。
病気の程度、種類によっては専門医へ紹介が必要となりますので、近くをご希望であれば近隣の病院を、また大学病院レベルの高度な精密検査を必要とする場合は、東大病院・帝京病院など高度医療を取り扱う病院に紹介致します。紹介可能病院は、「提携医療機関」のページをご覧下さい。

blueline
通常の健康診断の項目、つまり、身長・体重・視力測定、心電図、胸部X線、血液・尿検査、などの検査が可能です。

入学試験のための健診、会社採用時健康診断、年1回実施しなければならない健康診断(労働基準法に基づくもの)、介護関係(ヘルパー)資格申請用の健診、などの健康診断も実施しています。検査項目によって料金が異なりますので、電話あるいは、直接クリニックにお越しの上問い合わせて下さい。必要な方には呼吸(肺)機能検査(スパイロメトリー)も実施できます。

当院は葛飾区医師会の会員ですが、現在、特定健診は健実施しておりません。葛飾区のみなさまにはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了解下さい。
 小児生活習慣病健診と子育てママの健康診断は実施しております。
また、消化器専門医ではありませんので、胃透視(バリウム)検査、胃カメラ検査は実施しておりませんのでご了解下さい。必要な患者さんには、近くの消化器専門医あるいは専門施設を紹介しております。

blueline

:予防接種

DPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)3種混合ワクチン、DT(2種混合ワクチン)、麻疹(はしか)、風疹(三日ばしか)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の予防接種は予約により実施します。
冬季にはインフルエンザの予防接種を実施しております。

ED治療薬の診察室内処方:

勃起不全症(ED)の男性に対し、バイアグラ、レビトラ、シアリスを扱っております。保険診療ではなく、自費診療となります。処方箋を持って薬局で薬を受け取るのに抵抗を感じる方も多いので、当院では診察室で本人に手渡しする方法も取っております。遠慮なくご相談下さい。

注: 当院は院外処方となっておりますので、処方箋を受け取りましたら、調剤薬局ならどこでもかまいませんので、調剤薬局にお立ち寄り下さい。そこでお薬代をお支払いの上、お薬をお受け取り下さい。処方箋の有効期限は当日を含め4日ですのでご注意ください。