英語論文

1)Ohtoshi T, Yamauchi N, Tadokoro K, Miyachi S, Suzuki S, Miyamoto T, and Muranaka M

IgEantibody-mediated shock reaction caused by topical application of chlorhexidine.
Clinical Allergy 16:155-161,1986.

2)Denburg JA, Dolovich J, Ohtoshi T, Cox G, Gauldie J and Jordana M. The microenvironmental  differentiation hypothesis of airway inflammation. Am J Rhinol 4:29-32,1990.

3)Vancheri C, Ohtoshi T, Cox G, Xaubet A, Gauldie J, Dolovich J, Denburg JA and Jordana M.  Neutrophilic differentiation induced by human upper airway fibroblast-derived granulocyte- macrophage colony-stimulating factor (GM-CSF). Am J Respir Cell Mol Biol. 4:11-17,1991.

4)Ohtoshi T, Vancheri C, Cox G, Gauldie J, Dolovich J, Denburg JA and Jordana M. Monocyte- macrophage differentiation induced by human upper airway epithelial cells. Am J Respir Cell Mol  Biol. 4:255-263,1991.

5)Cox G, Ohtoshi T, Gauldie J, Denburg JA, Dolovich J and Jordana M. Promotion of eosinophil  survival by human bronchial epithelial cells and its modulation by steroids. Am J Respir Cell Mol  Biol.  4:525-531,1991.

6)Tadokoro K, Ohtoshi T, Takafuji S, Nakajima K, Suzuki S, Yamamoto K, Ito K, Miyamoto T and  Muranaka M. Topical thrombin-induced IgE-mediated anaphylaxis. – The RAST analysis and the  skin test studies – J Allergy clin Immunol. 88:620-629,1991.

7)Ohtoshi T, Tsuda T, Vancheri C, Abrams JS, Gauldie J, Dolovich J, Denburg JA and Jordana M.  Human upper airway epithelial cell-derived granulocyte-macrophage colony-stimulating factor ( GM-CSF) induces histamine-containing cell differentiation of human progenitor cells. Int Arch  Allergy appl Immun. 95:376-384,1991.

8)Xing Z, Ohtoshi T, Gauldie J, Denburg JA, Dolovich J and Jordana M. Human upper airway cell- derived cytokines promote the survival of peripheral blood monocytes. A potential mechanism for  the accumulation of macrophages in the tissue. Am J Respir Cell Mol Biol. 6:212-218,1992.

9)Takizawa H, Ohtoshi T, Ohta K, Hirohata S, Yamaguchi M, Suzuki N, Ueda T, Ishii A, Shindoh G,  Oka T, Hiramatsu K and Ito K. Interleukin 6/B cell stimulatory factor-II is expressed and released  by normal and transformed human bronchial epithelial cells. Biochem Biophys Res Commun.  187:596-602, 1992.

10)Hirai K, Miyamasu M, Yamaguchi M, Nakajima K, Ohtoshi T, Koshino T, Morita Y and Ito K.  Modulation of human basophil histamine release by insulin-like growth factors. J Immunol.  150:1503-1508,1993.

11)Xing Z, Jordana M, Braciak T, Ohtoshi T and Gauldie J. Lipopolysaccharide induces expression of  granulocyte/macrophage colony-stimulating factor, interleukin-8 and interleukin-6 in human nasal,  but not lung, fibroblasts: Evidence for heterogeneity within the respiratory tract. Am J Respir Cell  Mol Biol. 9:255-263,1993.

12)Takizawa H, Ohtoshi T, Ohta K, Yamashita N, Hirohata S, Hirai K, Hiramatsu K and Ito K. Growth  inhibition of human lung cancer cell lines by interleukin 6: A possible role in tumor growth via an  autocrine mechanism. Cancer Research 53:4175-4181,1993.

13)Tadokoro K, Niimi N, Ohtoshi T, Nakajima K, Takafuji S, Onodera K, Suzuki S and Muranaka M.  Cefotiam-induced contact anaphylaxis of nurse. -Case reports, RAST analysis and a review of  literatures- Clin and Experimental Allergy 24:127-133,1994.

14)Nakano J, Takizawa H, Ohtoshi T, Shoji S, Yamaguchi M, Ishii A, Yanagisawa M and Ito K.  Endotoxin and proinflammatory cytokines stimulate endothelin-1 expression and release by airway  epithelial cells. Clin and Experimental Allergy 24:330-336,1994.

15)Yamaguchi M, Hirai K, Nakajima K, Ohtoshi T, Takaishi T, Ohta K, Morita Y and Ito K.  Dexamethasone inhibits basophil migration. Allergy 49:371-375,1994.

16)Takizawa H, Desaki M, Ohtoshi T, Kikutani T, Okazaki H, Sato M, Akiyama N, Shoji S, Hisamatsu  K and Ito K. Erythromycin supresses interleukin 6 expression by human bronchial epithelial cells: a  potential mechamism of its anti-inflammatory action. Biochem Biophys Res Commun. 210:781-786,  1995.

17)Takizawa H, Ohtoshi T, Kikutani T, Okazaki H, Akiyama N, Sato M, Shoji S and Ito K. Histamine  activates bronchial epithelial cells to release inflammatory cytokines in vitro. Int Arch Allergy appl  Immun. 108:260-7,1995.

18)Miyamasu M, Hirai K, Takahashi Y, Iida M, Ohtoshi T, Takaishi Y, Morita Y, Ohta K, Ito K and  Kasahara T. Induction of eosinophil cytokine generation by chemoattarctants. Int Arch Allergy appl  Immun. 108(Suppl 1):12-15,1995.

19)Takizawa H, Ohtoshi T, Yamashita N, Oka T and Ito K. Interleukin 6-receptor expression on h- uman  bronchial epithelial cells: regulation by IL-1 and IL-6. Am J Physiol. 270:L346-L352, 1996.

20)Takafuji S, Ohtoshi T, Takizawa H, Tadokoro K and Ito K. Eosinophil degranulation in the presence  of bronchial epithelial cells – effect of cytokines and role of adhesion. J Immunol.156:3980-3985,  1996.

21)Sato M, Takizawa H, Kohyama T, Ohtoshi T, Takafuji S, Kawasaki S, Tohma S, Ishii A, Shoji S and  Ito K. Eosinophil adhesion to human bronchial epithelial cells: regulation by cytokines. Int Arch  Allergy appl Immun. 113(1-3):203-5, 1997.

22)Takizawa H, Desaki M, Ohtoshi T, Kawasaki S, Kohyama T, Sato M, Tanaka M, Kasama T,  Kobayashi K, Nakajima J, and Ito K. Erythromycin modulates IL-8 expression in normal and  inflamed human bronchial epithelial cells. Am J Resp Crit Care Medicine 156(1):266-71, 1997.

23)Bayram H, Devalia JL, Sapsford RJ, Ohtoshi T, Miyabara Y, Sagai M and Davies RJ. The effect of  diesel exhaust particles on cell function and release of inflammatory mediators from human  bronchial epithelial cells in vitro. Am J Respir Cell Mol Biol. 18(3):441-448,1998.

24)Ohtoshi T, Takizawa H, Okazaki H, Kawasaki S, Takeuchi N, Ohta K, and Ito K. Diesel exhaust  particles (DEP) stimulate human airway epithelial cells to produce cytokines relevent to airway  inflammation in vitro. J Allergy clin Immunol. 101:778-785, 1998.

25)Kawasaki S, Takizawa H, Ohtoshi T, Takeuchi N, Kohyama T, Nakamura H, Kasama T, Kobayashi  K, Nakahara K, Morita Y and Yamamoto K.. Roxithromycin inhibits cytokine production by and  neutrophil attachment to human bronchial epithelial cells in vitro. Antimicrobial Agents and  Chemotherapy 42(6):1499-1502, 1998.

26)Takizawa H, Desaki M, Ohtoshi T, Kawasaki S, Kohyama T, Sato M, Nakajima J, Yanagisawa M  and Ito K. Erythromycin and clarithromycin attenuate cytokine-induced endothelin-1 expression in  human bronchial epithelial cells.  Eur Respir J 12:57-63 1998.

27)Takizawa H, Ohtoshi T, Kawasaki S, Kohyama T, Desaki M, Kasama T, Kobayashi K, Nakahara K,  Yamamoto K, Matushima K and Kudoh S. Diesel exhaust particles (DEP) induce nuclear factor- kappa B (NFkB) activation in human bronchial epithelial cells in vitro: Importance in cytokine  transcription. J Immunology 15:4705-11,1999.

28)Desaki M, Takizawa H, Ohtoshi T, Kasama T, Kobayashi K, Sunazuka T, Omura S, Yamamoto K, Ito  K. Erythromycin suppresses nuclear factor-kappaB and activator protein-1 activation in human  bronchial epithelial cells.  Biochem Biophys Res Commun. 7:124-8, 2000.

29)Takizawa H, Abe S, Ohtoshi T, Kawasaki S, Takami K, Desaki M, Sugawara I, Hashimoto S, Azuma  A, Nakahara K, Kudoh S. Diesel exhaust particles up-regulate expression of intercellular adhesion  molecule-1 (ICAM-1) in human bronchial epithelial cells. Clin Exp Immunol. 2000 May;120(2):356- 62.

30)Takizawa H, Tanaka M, Takami K, Ohtoshi T, Ito K, Satoh M, Okada Y, Yamasawa F, Umeda A.  Increased expression of inflammatory mediators in small-airway epithelium from tobacco smokers. Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol. 2000 May;278(5):L906-13.

31)Takizawa H, Ohtoshi T, Kawasaki S, Abe S, Sugawara I, Nakahara K, Matsushima K, Kudoh S.   Diesel exhaust particles activate human bronchial epithelial cells to express inflammatory  mediators in the airways: a review. Respirology. 2000 Jun;5(2):197-203.

32) Kawasaki S, Takizawa H, Takami K, Desaki M, Okazaki H, Kasama T, Kobayashi K, Yamamoto K, Nakahara K, Tanaka M, Sagai M, Ohtoshi T.  Benzene-extracted components are important for the major activity of diesel exhaust particles: effect on interleukin-8 gene expression in human bronchial epithelial cells.

Am J Respir Cell Mol Biol. 2001 Apr;24(4):419-26.

日本語著書

1.大利隆行.抗原.アレルギー性皮膚疾患の治療.p14-15, 1991. 山本昇壮編.臨床医薬研究協会.

  1. 大利隆行.大気汚染と気道上皮細胞.アレルギー性炎症性疾患.?新たなアプローチ? p236-247,  1994. 黒沢元博、宮地良樹編.先端医学社.
  2. 大利隆行.喘息と環境.喘息の基礎と臨床まで p118-123, 1995. 伊藤幸治編.医薬ジャーナル社
  3. 大利隆行.アナフィラキシー.メディカル用語ライブラリー「アレルギー」分子メカニズムから病態・診断・治療まで p142-143, 1996. 羅智靖、大田健、河野陽一、古江増隆編.羊土社.
  4. 佐藤誠、大利隆行.気管支喘息と接着分子. 細胞分子からみたアレルギー1. 接着分子とアレルギー p216-225, 1996. 茆原順一、宮坂昌之編.メディカルレビュー社.
  5. 竹内直信、大利隆行.気道上皮とサイトカイン.細胞分子からみたアレルギー2. サイトカインとアレルギー p132-137, 1996. 茆原順一、宮坂昌之編.メディカルレビュー社.

日本語論文

  1. 高橋孝喜、十字猛夫、大利隆行、村井善郎、直原徹、荒木千枝子、徳永栄一、柴田洋一.的確なHLA適合血小板輸血供血者の決定.日本輸血学会雑誌33(4): 360-398,1987.
  2. 清水正之、村田実、佐部利浩子、大利隆行.グルコン酸クロルヘキシジンによる接触蕁麻疹の1例.皮膚 31(6):235-239,1989.
  3. 大利隆行.ヒト気道上皮細胞より産生されるサイトカイン.呼吸11(8):1077-1083, 1992.

日本語総説

  1. 鈴木修二、大利隆行.化学伝達物質の定義?ヒスタミン?.Medical Tribune 1984.4.5 p32-34.
  2. 鈴木修二、大利隆行.高好酸球血症.アレルギーの臨床 4(3), pp33-36,1984.
  3. 大利隆行、十字猛夫.輸血と血小板.Pharma Medica 2(12):77-84,1984.
  4. 高橋孝喜、三森明夫、大利隆行、吉沢久嘉.自己免疫疾患の血漿交換療法. 診断と治療 73(4):857-860,1985.
  5. 大利隆行.O型同種腎移植により生じた抗Aあるいは抗B自己抗体による後天性溶血性貧血.(Frontiers in Therapy) 治療学 16(2):239-241,1986.
  6. 大利隆行.ペニシリンアレルギー患者の妊娠中の重症感染症に経口的減感作療法が安全.(Frontiers in Therapy) 治療学 16(3):400-401,1986.
  7. 大利隆行、宮本昭正.肥満細胞.Pharma Medica 4(9):45-51,1986.
  8. 大利隆行.薬剤アナフィラキシーの救急治療. Medical Practice 4(3):462-467,1987.
  9. 大利隆行.クロルヘキシジンの抗原性.第4回免疫薬理療法研究会記録集(医薬ジャーナル社 )p.11-25, 1987-3-31.
  10. 村中正治、永井昇、大利隆行、平井浩一、石田房子、田所憲治、鈴木修二.薬物による過敏反応に関する新しい知見.内科 59(4):655-661,1987.
  11. 鈴木修二、田所憲治、平井浩一、高藤繁、大利隆行、小浜肇、三崎義堅、村中正治、宮本昭正.薬物過敏反応?15年を隔てたアンケート調査結果 「アレルギー性疾患は増えているか.調査結果と原  因」.宮本昭正編、国際医学出版、東京、P37-40,1987.
  12. 田所憲治、小浜肇、土肥真、杉山温人、山下直美、須甲松伸、大利隆行、奥平博一、鈴木修二、宮本昭正.Histamine Radioimmunoassay Kitの基礎的検討とその臨床的応用.医学と薬学18(1):131- 140,1987.
  13. 大利隆行.アレルギー反応と気道の炎症.Clinicians Letter. 1:9-12,1991.
  14. 大利隆行.アナフィラキシーショックの治療.Medical Practice. 9:311-315,1992.
  15. 大利隆行.GM-CSFとアレルギー.喘息.5(3):117-120,1992.
  16. 田所憲治、大利隆行.アナフィラキシーショック. 診断と治療 81(6):1221-1225,1993.
  17. 大利隆行、滝沢始、酒巻千波、石井彰、平井浩一、森田寛、伊藤幸治、大田健、真野健次、鈴木修  二.ヒト気道上皮細胞からのサイトカイン産生とその制御.日本胸部疾患学会雑誌(増刊号)32:65-  72, 1994.
  18. 大利隆行.ヒト気道上皮細胞とサイトカイン産生.Molecular Medicine 32(8):822-9,1995.
  19. 大利隆行.大気汚染物質の気道粘膜への影響.アレルギー Up to Date  アレルギー性炎症のしくみー炎症とサイトカイン No.2:4-5, 1995.
  20. 大利隆行、岡崎仁、石井彰、滝沢始、高藤繁、平井浩一、伊藤幸治、竹内直信、大田健、鈴木修二、村中正治.アレルギー疾患の悪化要因?大気汚染物質DEPの面から.第7回日本アレルギー学 春 期大会シンポジウム3記録集  44(3):29-33, 1995.
  21. 滝沢始、大利隆行、岡崎仁、竹内直信、酒巻千波、伊藤幸治、田中満.大気汚染物質とアレルギー疾患:気道上皮細胞に注目した新しい機序.治療  77:174-176, 1995.
  22. 竹内直信、大利隆行.ディーゼル車排出微粒子(DEP)の鼻粘膜への影響.医学のあゆみ175:146-147,1995.
  23. 大利隆行.アレルギーにおける気道上皮の役割.Mebio 13(5):54-65, 1996.
  24. 滝沢始、大利隆行、竹内直信、伊藤幸治.ヒト気道上皮細胞のサイトカイン発現および産生に対するマクロライド抗生物質の影響.日本気管食道科学会会報 47(2):185-8, 1996.
  25. 竹内直信、大利隆行.サイトカインへの作用(マクロライドの非抗菌作用). JOHNS 12(2):197-200,1996.
  26. 大利隆行、小濱肇.薬剤アナフィラキシーショックとIgE?薬剤によるアナフィラキシー反応.アレルギー科. 1(5):510-516, 1996.
  27. 河崎伸、大利隆行.大気汚染物質と気道上皮障害.アレルギー科. 2(4):320-325, 1996.
  28. 村中正治、田所憲治、大利隆行、石田房子、中島一格、鈴木修二.生活環境からの医薬品のexposureに起因するアナフィラキシー型薬物反応の自験例.月刊薬事39(13):55(2691)-62(1997.),
  29. 村中正治、永井昇、早川満、水落千家子、大利隆行、石田房子、山口正男、山本一彦.免疫・アレルギーの立場からみた多剤併用の実態.月刊薬事 40(2):141(371)-149(379), 1998.
  30. 村中正治、鈴木修二、田所憲治、中島一格、大利隆行、石田房子、山口正男、山本一彦.多剤併用とアレルギー性薬物反応.月刊薬事 40(6):73(1313)-82(1322), 1998.
  31. 大利隆行.気道上皮細胞 – 好酸球と各炎症細胞とのクロストーク.アレルギーの領域 5(12):59-66, 1996.
  32. 村中正治、山田良二、可部順三郎、大利隆行、石田房子、山本一彦、藤田敏郎.小泉一弘、鈴木修二.スギ花粉アレルギーの蔓延とディーゼル排気微粒子.日本医事新報 3985:19-27, 2000.
  33. 大利隆行.大気汚染とアレルギー.アレルギー科 特別増刊号 アレルギー科診療マニュアル9 (Suppl. 1): 125-131, 2000.
  34. 大利隆行.ディーゼル排気ガスとアレルギー.アレルギー科 10(5):398-404, 2000.
  35. 大利隆行.SPM、SO2、NO2など.別冊日本臨床免疫症候群 - その他の免疫疾患を含めて – (上巻   )pp632-635, 2000.
  36. 大利隆行.花粉症の蔓延とディーゼル排気微粒子との関連について.アレルギーの臨床20(14):29, 2000.

国内学会発表

  1. 大利隆行、杉浦裕、永井良樹、宮崎純、大橋辰哉、岡博、織田敏次.三重癌の2例および過去10年間の剖検例における三重癌の検討. 日本内科学会雑誌 70:1196,1981.
  2. 中居光子、小口弘子、大利隆行、直原徹、荒木千枝子、佐藤周平、徳永栄一、渡辺卓、十字猛夫.7日毎に連続して行った血小板フェレーシスの献血者への影響. 日本輸血学会総会(第32回)1984.
  3. 大利隆行、山内信和、鈴木修二、村中正治、宮本昭正、宮地純樹.クロルヘキシジンによるアナフィラキシーショック例における特異的 IgE 抗体の検索.日本アレルギー学会総会(第34回)33(9):707, 1984.
  4. 松尾弘也、平井浩一、大利隆行、宮本睦子、鈴木修二、村中正治.PCA反応によるβ?ラクタム系抗生剤の交差抗原性の検討.日本アレルギー学会総会(第34回)33(9):703, 1984.
  5. 鈴木修二、田所憲治、中島一格、高藤繁、大利隆行、村中正治、長谷川斐子.化学伝達物質依存性収縮器官(気管平滑筋)と自立性収縮器官(気管腺毛)に対するバナジン酸の抑制効果.日本アレルギー学会総会(第34回)33(9):747, 1984.
  6. 田所憲治、大利隆行、高藤繁、中島一格、平井浩一、鈴木修二、村中正治、宮地純樹、小須田達雄. Rifampicinによる溶血性貧血の免疫学的機序(2)?成人赤血球と臍帯赤血球の反応性の相違?.日本臨床血液学会総会(第26回)p422, 1984.
  7. 直原徹、荒木千枝子、佐藤周平、長橋久方、中居光子、大利隆行、村井善郎、徳永栄一、十字猛夫).HLA適合血小板輸血の臨床成績.日本臨床血液学会総会(第26回)p142, 1984.
  8. 中島一格、宮本睦子、大利隆行、高藤繁、奥平邦雄、田所憲治、鈴木修二、村中正治、青塚新一、柴田洋一.酵素抗体法によって定量的に測定したLymphocyte-associated immunoglobulin値とSLEの活動性に関する研究.日本臨床免疫学会総会(第13回)p181, 1985.
  9. 平井浩一、大利隆行、高藤繁、宮本睦子、中島一格、田所憲治、鈴木修二、村中正治、松尾弘也.ペニシリンショックにおける主要な抗原決定基ベンチルペニロン酸の合成とその抗原性の検討.日本アレルギー学会総会(第35回)34(8):619, 1985.
  10. 鈴木修二、田所憲治、中島一格、高藤繁、大利隆行、村中正治、工藤宏一郎.ヒスタミン濃度とモルモット気管収縮との関係の近似曲線.日本アレルギー学会総会(第35回)34(8):648, 1985.
  11. 高藤繁、小泉一弘、宮本睦子、石田房子、大利隆行、中島一格、田所憲治、鈴木修二、村中正治、池森亨介.鼻内抗原投与によるマウスIgE抗体産生系におけるdiesel-exhaust particulateのadjuvant作用.日本アレルギー学会総会(第35回)34(8):790, 1985.
  12. 大利隆行、宮本睦子、高藤繁、中島一格、田所憲治、鈴木修二、村中正治、宮本昭正.クロルヘキシジンの固相への結合性を応用して行ったRAST法.日本アレルギー学会総会(第36回)35(8):733,1986.
  13. 高藤繁、小泉一弘、佐藤奈智子、石田房子、大利隆行、中島一格、田所憲治、鈴木修二、池森亮介、村中正治.鼻内抗原投与によるマウスIgE抗体産生系におけるdiesel-exhaust particulateのadjuvant作用(第2報).日本アレルギー学会総会(第36回)35(8):647, 1986.
  14. 鈴木修二、田所憲治、高藤繁、大利隆行、宮本昭正、馬場実、鎌倉稔成.気管支喘息症状に及ぼす浮遊粒子状物質の急性影響.日本アレルギー学会総会(第36回)35(8):690, 1986.
  15. 大利隆行.クロルヘキシジンの抗原性.第4回免疫薬理療法研究会 1986-11-29.
  16. 大利隆行、田所憲治、鈴木修二、宮本昭正、村中正治.特異な化学構造を示す単純化学物質chlorhexidineの抗原性の検討.日本免疫学会総会 16:260, 1986.
  17. 宮原恵子、中居光子、鎌田絹子、直原徹、大利隆行、村井善郎、徳永栄一、十字猛夫.HLA適合血小板フェレーシスの応諾率について.日本輸血学会総会(第35回)33(2):175, 1987.
  18. 田所憲治、大利隆行、井野隆史、水口潤、寺岡慧、川内基裕、村中正治.輸血、臓器移植に伴う血液障害と薬物の関与.臨床免疫学会総会 p.141, 1987.
  19. 大利隆行、宮本睦子、三崎義堅、高藤繁、田所憲治、鈴木修二、宮本昭正、宮寺彰彦、村中正治.クロルヘキシジンの抗原性の検討?マウスを用いた動物実験? 日本アレルギー学会総会(第37回)36(8):770, 1987.
  20. 高藤繁、西田操、小浜肇、大利隆行、平井浩一、田所憲治、小泉一弘、村中正治、鈴木修二、宮本昭正.大気中浮遊粒子状物質のマウスIgE抗体産生系におけるAdjuvant作用.日本アレルギー学会総会(第37回)36(8):783, 1987.
  21. 鈴木修二、田所憲治、平井浩一、高藤繁、大利隆行、小浜肇、三崎義堅、村中正治、宮本昭正.15年を隔てたアンケート調査結果に見る薬物過敏反応の頻度および原因薬物の推移.日本アレルギー学会総会(第37回)37(8):537, 1987.
  22. 五十嵐力、滝沢始、大利隆行、中野純一、坂本芳雄、小林信之、石井彰、須甲松信、奥平博一、伊藤幸治、鈴木修二、宮本昭正、中浜昌夫.日本胸部疾患学会関東地方会(第76回) 1987年9月.
  23. 間藤卓、小林信之、滝沢始、大利隆行、石井彰、大田健、谷本潔昭、奥平博一、伊藤幸治、宮本昭正、二木利郎.縦隔気腫を合併し、重篤な呼吸不全に陥った皮膚筋炎の1剖検例.日本胸部疾患学会関東地方会(第77回) 1987年11月.
  24. 三崎義堅、平井浩一、大利隆行、大田健、鈴木修二、宮本昭正.ヒトBasophil-like Cell Promoting Activity (BaPA)とヒトInterleukin-3 (IL-3)の同一性の検討.日本血液学会雑誌(第50回)1987,51(2):395.
  25. 田所憲治、小浜肇、大利隆行、高藤繁、鈴木修二、宮本昭正.セフォチアム(CTM)飛沫によりアナフィラキシーを起こした看護婦の2症例RASTによる検討.日本アレルギー学会総会(第39回) 38(2):199, 1988.
  26. 小林信之、滝沢始、間藤卓、大利隆行、石井彰、大田健、谷本潔昭、奥平博一、伊藤幸治、宮本昭正.縦隔気腫を合併した皮膚筋炎の1例.日本リウマチ学会総会(第32回):291, 1988.
  27. 田所憲治、大利隆行、宮本睦子、高藤繁、小浜肇、鈴木修二、宮本昭正、村中正治.局所用トロンビン製剤(T.T)による即時型反応とその予知法についての検討.日本アレルギー学会総会(第38回)37(8):844, 1988.
  28. 大利隆行、中島一格、田所憲治、鈴木修二、伊藤幸治、M. Jordana、JA. Denburg、J. Dolovich.合成ステロイドBudesonideはin vitroでヒト上気道粘膜の線維芽細胞及び上皮細胞からのGM-CSF産生を抑制する.日本アレルギー学会総会(第40回)39(9):1092, 1990.
  29. 田所憲治、小浜肇、中島一格、大利隆行、鈴木修二、伊藤幸治、三田晴久.BH?AC製剤ショックの機序と予知法についての検討.日本アレルギー学会総会(第40回)39(9):1218, 1990.
  30. 川堀眞一、大利隆行、L.B. Schwartz, A.A. Irani, J.A. Denburg, J. Dolovich.鼻茸内肥満細胞の組織学的および免疫組織学的検討.日本アレルギー学会総会(第40回)39(9):1177, 1990.
  31. 川堀眞一、Kyosei Soda、大利隆行、M. Perdue、J. Bienenstock.デキサメタゾン(DM)によるラット小腸粘膜好酸球の減少機序.?形態学的検討? 日本アレルギー学会総会(第40回39(9):974,1990.
  32. 大利隆行、田所憲治、川堀眞一、M. Jordana、J.A. Denburg、J. Dolovich、J. Gauldie.ヒト上気道粘膜上皮細胞から産生される単球分化誘導因子.日本免疫学会総会 20:505, 1990.
  33. 滝沢始、大利隆行、大田健、伊藤幸治.気管支上皮細胞系における各種成長因子の影響とプロトオンコジーン発現.第2回RMCB研究会.東京.1991.1.12
  34. 大利隆行.アレルギー反応と気道の炎症.クリニシャンズレター.ラジオ短波放送.1991.8.20.
  35. 大利隆行.気道上皮細胞とサイトカイン.第26回気道過敏性研究会.東京.1991.9.6.
  36. 滝沢始、大利隆行、大田健、伊藤幸治.気道上皮細胞系における増殖とサイトカイン産生機構.第1回那須呼吸シンポジウム.那須.栃木.1991.9.7
  37. 大利隆行、滝沢始、平井浩一、大田健、石井彰、中島一格、高藤繁、田所憲治、鈴木修二、村中正治、伊藤幸治.大気中浮遊粒子状物質(SPM)の試験管内ヒト気道上皮細胞に対する影響?GM-CSF産生増強作用? 日本アレルギー学会総会(第41回)40(8):1101, 1991.
  38. 滝沢始、大利隆行、大田健、山口正雄、鈴木直仁、上田隆、山下直美、石井彰、広畑俊成、伊藤幸治.ヒト正常気管支上皮細胞のインターロイキン6産生と、エンドトキシンの及ぼす影響.日本アレルギー学会総会(第41回)40(8):995, 1991.
  39. 山口正雄、平井浩一、大利隆行、庄司俊輔、中島一格、高石敏昭、大田健、森田寛、伊藤幸治.Dexamethasoneおよびβ2-stimulantによるヒト好塩基球遊走の抑制.日本アレルギー学会総会(第41回)40(8):1017, 1991.
  40. 田所憲治、大利隆行、小野寺恵子、中島一格、鈴木修二、伊藤幸治、村中正治.局所用ウシトロンビン(BTT)の免疫原性?投与1ヶ月後のRAST値による検討?.日本アレルギー学会総会(第41回)40(8):1021, 1991.
  41. 石井彰、越野健、村上新也、猪好孝、大田健、桑原麻恵、大利隆行、伊藤幸治.抗モルモットIgE血清を用いた喘息モデルの検討.日本アレルギー学会総会(第41回)40(8):939, 1991.
  42. 滝沢始、大利隆行、大田健、伊藤幸治.ヒト気管支上皮細胞の増殖におけるインターロイキン6の役割.第4回RMCB研究会.東京.1992.1.10
  43. 神前格、迫田寛人、松雪銀彦、中島一格、大利隆行、平井浩一.血小板増多症のかたちで発症し、肝脾に粟粒結核を合併した慢性骨髄性白血病の1剖検例.日本血液学会.Int J Hematol 55(Suppl 1):107, 1992.
  44. 大利隆行、滝沢始、大田健、伊藤幸治.ヒト気管支上皮細胞による各種サイトカインの産生.広島IPFセミナー.1992.3.28.
  45. 鈴木修二、大利隆行、滝沢始.浮遊粒子状物質の気道に対する生物活性.日本アレルギー学会春期大会(第4回)シンポジウムI  アレルギーと環境. 41(2):235, 1992.
  46. 石井彰、大利隆行、中野純一、大田健、村上新也、桑原麻恵、山口正雄、鈴木直仁、上田隆、滝沢始、鈴木修二、伊藤幸治.大気中浮遊粒子状物質(SPM)のモルモット点鼻感作喘息モデルに対する影響.日本胸部疾患学会総会(第32回) 30:280, 1992.
  47. 中野純一、滝沢始、大利隆行、大田健、石井彰、山下直美、上田隆、山口正雄、鈴木直仁、進藤剛毅、岡輝明、伊藤幸治.ヒト気道上皮細胞におけるエンドセリン産生機序についての検討.日本胸部疾患学会総会(第32回)30:316, 1992.
  48. 滝沢始、大利隆行、山口正雄、石井彰、庄司俊輔、平井浩一、橋本朝子、酒巻千波、大田健、伊藤幸治.気道粘膜におけるサイトカインネットワーク: IL-6はヒト気管支上皮細胞からのIL-8、GM-CSF産生を増強する.日本アレルギー学会総会(第42回) 41(8):1022, 1992.
  49. 大利隆行、滝沢始、石井彰、高藤繁、中島一格、平井浩一、田所憲治、酒巻千波、大田健、伊藤幸治、洲崎春海、鈴木修二.ヒト気道上皮細胞のサイトカイン産生に及ぼす五酸化バナジウム(V2O5)の影響.日本アレルギー学会総会(第42回) 41(8):1022, 1992.
  50. 酒巻千波、大利隆行、滝沢始、平井浩一、山口正雄、中島一格、伊藤幸治、洲崎春海.ヒト鼻粘膜上皮細胞からのGM-CSF産生に対するKetotifenの影響.日本アレルギー学会総会(第42回)41(8):1040, 1992.
  51. 石井彰、大利隆行、大田健、村上新也、桑原麻恵、山口正雄、滝沢始、庄司俊輔、伊藤幸治.大気中浮遊粒子状物質(SPM)の喘息に対する影響 ?モルモット喘息モデルにおいて.日本アレルギー学会総会(第42回)41(8):1171, 1992.
  52. 山下直美、中島敏治、大田健、大利隆行、滝沢始、中川武正、坂根剛、水島裕.気道上皮細胞の活性酸素による障害及び活性化についての検討.日本アレルギー学会総会(第42回)41(8):1232, 1992.
  53. 山口正雄、平井浩一、鈴木勝、大利隆行、中島一格、高石敏明、大田健、森田寛、伊藤幸治.好塩基球のreleasabilityの検討 ?抗IgE non-responder好塩基球の遊離能の獲得?.日本アレルギー学会総会(第42回)41(8):1306, 1992.
  54. 山下直美、中島敏治、大田健、大利隆行、中川武正、坂根剛、水島裕.気道上皮細胞の免疫グロブリンを介する活性化についての検討.日本免疫学会総会 22:544, 1992.
  55. 野本日出男、大田健、沢本修一、田中優子、桑原麻恵、真野健次、大利隆行.大気ガス汚染物質による気道上皮細胞の刺激.第1回 Research Conference of Lung Injury & Repair.1993.2.13.
  56. 大利隆行、滝沢始、酒巻千波、石井彰、平井浩一、洲崎春海、大田健、伊藤幸治.気道上皮細胞の炎症細胞に対する作用?サイトカインを介する影響?.第13回気道分泌研究会.1993.3.12
  57. 滝沢始、大利隆行、伊藤幸治.ヒト気道上皮のサイトカイン産生に及ぼすエリスロマイシンの影響.厚生省特定疾患びまん性肺疾患調査研究班平成4年度研究報告書  p244-245, 1993.
  58. 大利隆行、滝沢始、酒巻千波、平井浩一、洲崎春海、伊藤幸治.ヒト気道上皮細胞からのIL-8産生に対するRoxithromycin(RXM)の抑制作用.日本胸部疾患学会総会(第33回)31:300, 1993.
  59. 滝沢始、大利隆行、大田健、庄司俊輔、山口正雄、石井彰、橋本朝子、伊藤幸治.ヒト気道上皮細胞からのインターロイキン6産生に及ぼすステロイドとエリスロマイシンの影響.日本胸部疾患学会総会(第33回)31:144, 1993
  60. 野本日出男、沢本修一、川島隆二、田中優子、桑原麻恵、大利隆行、大田健、真野健次.気道上皮細胞の喘息における役割?大気汚染との関係.日本アレルギー学会春期大会(第5回)42(3):409, 1993.
  61. Ohta K, Sawamoto S, Kubota S, Watanabe H, Miyasaka T, Nakajima M, Yamada K, Tanaka Y, Kuwabara M, Yamaguchi M, Ohtoshi T, Hirai K and Mano K. A role of airway epithelial cells in bronchial asthma. 4th Annual Lung Development, Injury and Repair Research Conference. July 3-4, 1993.
  62. 大利隆行、酒巻千波、滝沢始、中島一格、平井浩一、伊藤幸治、竹内直信、杉本正弘.ヒト気道上皮細胞からのサイトカイン産生に及ぼす抗アレルギー剤Pemirolast(PEM)の影響.日本臨床免疫学会総会(第21回)p216. 1993.
  63. 大利隆行、伊藤幸治.大気汚染物質の気道上皮細胞に対する影響.?サイトカイン産生の観点から?.日本アレルギー学会総会(第43回)パネルディスカッション 3: 環境汚染とアレルギー 42(9):1148, 1993.
  64. 酒巻千波、大利隆行、石井彰、滝沢始、平井浩一、森田寛、嵯峨井勝、竹内直信、杉本正弘、大田健、伊藤幸治.ディーゼル車排出粒子(DEP)のヒト気道上皮細胞に対する影響.?GM-CSF産生増強作用?.日本アレルギー学会総会(第43回)42(9):1221, 1993.
  65. 渡部ひさ子、久保田滋、宮坂崇、中島幹夫、田中優子、桑原麻恵、野本日出男、武井隆、大利隆行、大田健、真野健次.気道上皮細胞の喘息における役割?大気ガス汚染物質とサイトカインの産生.日本アレルギー学会総会(第43回)42(9):1458, 1993.
  66. 滝沢始、大利隆行、庄司俊輔、山口正雄、石井彰、橋本朝子、大田健、平松啓一、伊藤幸治.ヒト気管支上皮細胞のサイトカイン産生に及ぼす各種抗菌剤の影響.日本アレルギー学会総会(第43回)42(9):1458, 1993.
  67. 石井彰、大田健、大利隆行、宮坂崇、高藤繁、鈴木修二、真野健次、伊藤幸治.マウスの気道過敏性に対するDiesel  exhaust particulateの影響.日本アレルギー学会総会(第42回)41(8):1369, 1993.
  68. 大利隆行、石井彰、滝沢始、酒巻千波、平井浩一、森田寛、嵯峨井勝、竹内直信、杉本正弘、大田健、伊藤幸治.ディーゼル車排出粒子(DEP)のヒト気道上皮細胞に対する影響.?GM-CSF産生増強作用?.ディーゼル車排出粒子(DEP)の健康影響に関するワークショップ(国立環境研究所、特別研究成果交流会)国立環境研究所 1993.11.12-13.
  69. 滝沢始、中野純一、大利隆行、出崎真志、庄司俊輔、伊藤幸治.ヒト気管支上皮細胞におけるエンドセリン発現調節と副腎皮質ステロイド・エリスロマイシン(EM)の及ぼす影響.日本内科学会(第91回) 日本内科学会雑誌臨時増刊号講演会抄録 83:165, 1994.
  70. 大利隆行、滝沢始、石井彰、酒巻千波、平井浩一、森田寛、伊藤幸治、嵯峨井勝、鈴木修二、大田健、真野健次.大気汚染物質のヒト気道上皮細胞に及ぼす影響(SPM、DEP、NO2など).日本アレルギー学会春期大会(第6回)シンポジウム43(2):276, 1994.
  71. 神前格、松雪銀彦、中島一格、大利隆行、平井浩一.住友病院における悪性リンパ腫の剖検例の検討.日本血液学会.Int J Hematol 59(Suppl 1):183, 1994.
  72. 大利隆行、滝沢始、酒巻千波、石井彰、平井浩一、森田寛、伊藤幸治、大田健、真野健次、鈴木修二.「気道上皮細胞と肺胞蛋白細胞:研究と展望」- ヒト気道上皮細胞からのサイトカイン産生とその制御.日本胸部疾患学会総会(第34回)シンポジウム 32:116, 1994.
  73. 滝沢始、出崎真志、大利隆行、庄司俊輔、菊谷健彦、山口正雄、大村智、伊藤幸治.エリスロマイシン各種誘導体がヒト気道上皮細胞のIL-8の産生に及ぼす影響.日本胸部疾患学会総会(第34回) 32:397, 1994.
  74. 石井彰、大田健、宮坂崇、桑原麻恵、大利隆行、伊藤幸治、嵯峨井勝、市瀬孝道、真野健次.Diesel exhaust particlesと気道過敏性ーマウスによる検討.日本胸部疾患学会総会(第34回) 32:202, 1994.
  75. 滝沢始、大利隆行、橋本朝子、庄司俊輔、大田健、伊藤幸治.ヒト気管支上皮細胞からのサイトカイン遊離におよぼすヒスタミン、血小板活性化因子(PAF)及びエンドセリンの影響.日本胸部疾患学会総会(第34回) 32:298, 1994.
  76. 大利隆行.ヒト気道上皮細胞より産生されるサイトカインとその制御.国立環境研究所セミナー. 国立環境研究所、つくば市 1994.5.10.
  77. 伊藤幸治、森田寛、灰田美知子、大利隆行、石井彰、秋山一男、長谷川真紀、村上正孝、田宮菜奈子、木野稔也、高橋清、宗田良、兜真徳、新田裕史.成人気管支喘息の成因に関する研究.大気汚染による健康影響に関する総合的研究懇話会(第5回)公害健康被害補償予防協会, 1994.5.13.
  78. 伊藤幸治、出崎真志、大利隆行、庄司俊輔、菊谷健彦、山口正雄、滝沢始.エリスロマイシン各種誘導体がヒト気道上皮細胞のIL-8産生に及ぼす影響.厚生省特定疾患びまん性肺疾患調査研究班平成5年度研究報告書  p151-153, 1994.
  79. 宮増美里、平井浩一、飯田真理子、山口正雄、大利隆行、越野健、高石敏明、森田寛、伊藤幸治、高橋裕一、大田健、笠原忠.Chemoattractantによる好酸球cytokine産生の誘導.アレルギー・好酸球研究会 1994.5.27-28
  80. 滝沢始、大利隆行、伊藤幸治.ヒト気道上皮細胞からの炎症性サイトカイン産生およびエンドセリンの産生に対するマクロライド剤の作用.第1回マクロライド新作用研究会 1994.7.1-2. Therapeutic Research 15(12): Symposium Series No.414, 87(4713)-88(4714),1994.
  81. 大田健、沢本修一、久保田滋、渡辺ひさ子、宮坂崇、中島幹夫、山田和人、田中優子、桑原麻恵、真野健次、山口正雄、大利隆行、平井浩一.気管支喘息における気道上皮細胞の役割.研究会抄録.第4回Lung Development, Injury and Repair Research Conference. 呼吸 13(6):638, 1994.
  82. 竹内直信、杉本正弘、大利隆行、滝沢始、酒巻千波、石井甲介.ディーゼル車排出微粒子(DEP)のヒト鼻粘膜に対する影響(第1報)- in vitroにおける形態学的変化.日本鼻科学会(第??回)??:178, 1994.
  83. 石井彰、大田健、宮坂崇、桑原麻恵、中島幹夫、大利隆行、堀内正、真野健次、伊藤幸治.気道過敏性に対するDiesel exhaust particulateおよび抗原感作の影響-マウスにおいて.日本アレルギー学会総会(第44回)43(8):970, 1994.
  84. 菊谷健彦、滝沢始、出崎真志、大利隆行、岡崎仁、山口正雄、鈴木直仁、中野純一、石井彰、庄司俊輔、伊藤幸治.マクロライド各種誘導体のヒト気道上皮細胞におけるGM-CSF産生に及ぼす影響.日本アレルギー学会総会(第44回)43(8):1056, 1994.
  85. 高藤繁、大利隆行、滝沢始、小浜肇、石田房子、太田敬子、酒巻千波、伊藤幸治、田所憲治.気管支上皮細胞存在下における好酸球の脱顆粒.日本アレルギー学会総会(第44回)43(8):1057, 1994.
  86. 宮増美里、平井浩一、飯田真理子、山口正雄、大利隆行、越野健、高石敏明、森田寛、伊藤幸治、高橋裕一、大田健、笠原忠.Chemoattractantによる好酸球サイトカインの誘導.日本アレルギー学会総会(第44回)43(8):1089, 1994.
  87. 岡崎仁、酒巻千波、大利隆行、滝沢始、菊谷健彦、山口正雄、鈴木直仁、中野純一、石井彰、庄司俊輔、伊藤幸治.気道上皮細胞からのIL-8産生の方向性に関する検討.日本アレルギー学会総会(第44回)43(8):1089, 1994.
  88. 大利隆行.ヒト気道上皮細胞からのサイトカインとその制御.第2回 Symposium of Asthma in Tokyo.(箱根)1994.11.5
  89. 佐藤誠、滝沢始、秋山法久、大利隆行、高藤繁、岡崎仁、上田隆、中野純一、石井彰、庄司俊輔、伊藤幸治.気道上皮細胞への好酸球接着の検討.第15回気道分泌研究会.1995.4.1
  90. 岸ひさ子、大田健、久保田滋、安部康生、山田和人、田中優子、桑原麻恵、大利隆行、村中正治、真野健次.ディーゼル排気微粒子(DEP)によるヒト気道上皮細胞のGM-CSF産生刺激作用の検討.日本胸部疾患学会総会(第35回)33:139, 1995.
  91. 滝沢始、田中満、大利隆行、伊藤幸治、佐藤勝、岡田泰昌、山澤文裕、梅田啓.極細気管支鏡による末梢気道上皮細胞の採取と、その細胞生物学的応用.日本胸部疾患学会総会(第35回)33:145, 1995.
  92. 大利隆行、岡崎仁、石井彰、滝沢始、高藤繁、平井浩一、伊藤幸治、竹内直信、大田健、鈴木修二、村中正治.アレルギー疾患の悪化要因?大気汚染物質DEPの面から.日本アレルギー学会春期大会(第7回)シンポジウム44(3):278, 1995.
  93. 石井彰、大田健、宮坂崇、堀内正、上田隆、中野純一、大利隆行、森田寛、伊藤幸治.遅発型反応(LPR)の臨床?動物の実験喘息におけるLPR.日本アレルギー学会春期大会(第7回)ワークショップ 44(3):318, 1995.
  94. 佐藤誠、滝沢始、秋山法久、大利隆行、高藤繁、岡崎仁、上田隆、中野純一、石井彰、庄司俊輔、伊藤幸治.気道上皮細胞への好酸球接着の検討.日本アレルギー学会春期大会(第7回)44(3):427, 1995.
  95. 高藤繁、大利隆行、滝沢始、小浜肇、佐藤誠、石田房子、伊藤幸治、田所憲治.気管支上皮細胞存在下における好酸球の脱顆粒.アレルギー・好酸球研究会 1995.6.16-17
  96. 滝沢始、大利隆行、伊藤幸治.炎症modulatorとしての気道上皮細胞.第16回日本炎症学会.1995.7
  97. 滝沢始、田中満、大利隆行、酒巻千波、伊藤幸治、佐藤勝、岡田泰昌、山澤文裕、梅田啓.慢性気道疾患の気管支上皮細胞におけるインターロイキン8遺伝子の発現.肺細胞の機能とリモデリングに関するシンポジウム(第3回)1995.10.14
  98. 滝沢始、大利隆行、河崎伸、幸山正、岡崎仁、佐藤誠、上田隆、庄司俊輔、伊藤幸治.気道上皮細胞由来のサイトカイン、成長因子の役割.日本アレルギー学会総会(第45回)シンポジウム244(8):827, 1995.
  99. 茆原順一、倉知大、山本高宏、東元一晃、安里和代、嘉数朝一、中島重徳、山田秀和、大利隆行、滝沢始.肺構成細胞におけるRANTES産生細胞についての検討.日本アレルギー学会総会(第45回)44(8):986, 1995.
  100. 佐藤誠、滝沢始、大利隆行、高藤繁、當間重人、幸山正、岡崎仁、上田隆、中野純一、石井彰、庄司俊輔、伊藤幸治.気道上皮細胞への好酸球接着に対するデキサメサゾンの影響.日本アレルギー学会総会(第45回)44(8):1025, 1995.
  101.  宮増美里、平井浩一、三崎義堅、泉恒有、大利隆行、高石敏明、森田寛、伊藤幸治、笠原忠.好酸球サイトカイン産生に及ぼすEosinophilopoietic factorとglucocorticoidの影響.日本アレルギー学会総会(第45回)44(8):1026, 1995.
  102. 滝沢始、大利隆行、佐藤誠、幸山正、岡崎仁、上田隆、橋本朝子、庄司俊輔、伊藤幸治.気管支喘息患者の気管支上皮細胞のおけるIL-8発現とそのマクロライド抗生物質による変化.日本アレルギー学会総会(第45回)44(8):929, 1995.
  103. 岸ひさ子、大田健、久保田慈、西澤真生、中嶋康之、田中優子、桑原麻恵、大利隆行、真野健次.ディーゼル排気微粒子(DEP)によるヒト気道上皮細胞のGM-CSF産生に対する喘息治療薬の抑制効果.日本アレルギー学会総会(第45回)44(8):1048, 1995.
  104. 滝沢始、大利隆行、竹内直信、伊藤幸治.ヒト気道上皮細胞のサイトカイン発現および産生に対するマクロライド抗生物質の影響.日本気管食道科学会総会(第47回)シンポジウム:, 1995.
  105. 大田健、岸ひさ子、大利隆行、田中優子、中野純一、村中正治、真野健次、嵯峨井勝.ディーゼル排気微粒子(DEP)によるヒト気道上皮細胞のGM-CSF産生刺激作用の検討.ディーゼル排気(DE)及び微粒子(DEP)の健康影響に関するワークショップ(国立環境研究所、特別研究成果交流会) 国立環境研究所 1996.2.23-24.
  106. 岸ひさ子、大田健、西澤真生、中嶋康之、山田和人、田中優子、安部康生、大利隆行、中野純一、真野健次.DEPによるヒト気道上皮細胞のGM-CSF産生誘導?転写レベルの刺激作用.日本胸部疾患学会総会(第36回)34:98, 1996.
  107. 佐藤誠、滝沢始、大利隆行、河崎伸、幸山正、岡崎仁、上田隆、石井彰、庄司俊輔、伊藤幸治.気道上皮細胞への好酸球接着に対するエピナスチンの影響.日本胸部疾患学会総会(第36回)34:102, 1996.
  108. 石井彰、大田健、宮坂崇、久保田滋、桑原麻恵、伊東玲子、堀内正、大利隆行、平井浩一、中野純一、真野健次、伊藤幸治.DEPによるマウスの気道過敏性亢進に対するマスト細胞の役割.日本胸部疾患学会総会(第36回)34:271, 1996.
  109. 大利隆行、大田健.ヒト気道上皮細胞とサイトカイン.日本アレルギー学会春期大会(第8回)パネルディスカッション2:サイトカインネットワークUPDATE  45(2,3):208, 1996.
  110. 河崎伸、滝沢始、大利隆行、佐藤誠、秋山法久、上田隆、石井彰、庄司俊輔、伊藤幸治.第16回気道分泌研究会.1996.6.6
  111. 大利隆行.ヒト気道上皮細胞からのサイトカイン産生と大気汚染物質による影響.第3回免疫毒性研究会.ミニシンポジウム ー気道免疫における免疫毒性ー (東京)1996.9.25-26
  112. 滝沢始、大利隆行、河崎伸、幸山正、佐藤誠、庄司俊輔、伊藤幸治.ヒト気道上皮細胞のIL-8遺伝子発現に対するマクロライド系抗生物質の影響.日本アレルギー学会総会(第46回)45(8-9):979:1996.
  113. 河崎伸、大利隆行、滝沢始、佐藤誠、幸山正、石井彰、庄司俊輔、伊藤幸治、竹内直信、嵯峨井勝.ディーゼル排気粒子(DEP)の各抽出成分がヒト気道上皮細胞のサイトカイン産生に及ぼす影響.日本アレルギー学会総会(第46回)45(8-9):981, 1996.
  114. 大利隆行、河崎伸、平井浩一、山本一彦、滝沢始、大田健.環境化学物質と疾患 ?室外(大気)汚染?.第56回日本公衆衛生学会総会. シンポジウム – 環境化学物質と疾患 – 44(10):78,1997. (横浜)1997.10.16-18.
  115. 大利隆行.気道上皮細胞とディーゼル排気微粒子.第6回関東アレルギークラブ. 1998.3.7
  116. 河崎伸、滝沢始、幸山正、高見和孝、武井達夫、大利隆行、石井彰、庄司俊輔、山本一彦、中村秀範.好中球の気道上皮細胞への接着調節と治療薬剤の影響.日本呼吸器学会総会(第38回)36:323, 1998.
  117. 滝沢始、大利隆行、河崎伸、幸山正、高見和孝、中島淳、中原一彦、山本一彦、田中満.ヒト気管支上皮細胞のTGFb-1遺伝子の発現とその調節.日本呼吸器学会総会(第38回)36:288, 1998.
  118. 幸山正、滝沢始、大利隆行、佐藤誠、河崎伸、高見和孝、武井達夫、秋山法久、石井彰、庄司俊輔、山本一彦.ヒト気道上皮細胞株のIL-8産生に対するホスホマイシンの効果検討.日本呼吸器学会総会(第38回)36:411, 1998.
  119. 高見和孝、滝沢始、小林真人、土肥真、大利隆行、河崎伸、幸山正、山本一彦、中村敏一、田中満.ヒト末梢気道上皮細胞の増殖におけるHGF (Hepatocyte growth factor) の役割.日本呼吸器学会総会(第38回)36:289, 1998.
  120. 大利隆行、河崎伸、平井浩一、山本一彦、大田健、滝沢始、竹内直信.気道上皮細胞とサイトカイン.日本アレルギー学会春期大会(第10回)シンポジウム:サイトカイン 47(2,3):172, 1998.
  121. 大利隆行.気道上皮細胞と産生されるサイトカイン.?気管支喘息の病態において? 臨床分子アレルギー学術講演会(秋田) 1998.5.26
  122. 滝沢始、出崎真、大利隆行、阿部信也、工藤翔二、中原一彦、伊藤幸治.ディーゼルエンジン由来微粒子によるヒト気道上皮細胞の転写因子NFkBの活性化.アレルギー気道上皮細胞研究会(第2回) 1998.11.14.
  123. 大利隆行、山本一彦、河崎伸、石井彰、滝沢始、大田健、村中正治.大気汚染とアレルギー.日本アレルギー学会総会(第48回)シンポジウム:  環境とアレルギー47(9-10):921, 1998.
  124. 滝沢始、河崎伸、大利隆行、工藤翔二、山本一彦、中原一彦.ディーゼルエンジン由来微粒子(DEP)のヒト気道上皮細胞のiNOS、ICAM-1発現に及ぼす影響について.日本呼吸器学会総会(第39回), 1999.
  125. 高見和孝、滝沢始、大利隆行、森田寛、山本一彦、多久和典子、多久和陽.HGFのヒト気道上皮細胞の増殖活性に対するTGF-βの影響.日本呼吸器学会総会(第40回)38:115, 2000.
  126. 滝沢始、河崎伸、高見和孝、出崎真、岡崎仁、阿部信二、工藤翔二、山本一彦、中原一彦、田中満、大利隆行.ディーゼルエンジン由来微粒子(DEP)の各有機分画がヒト気道上皮細胞のサイトカイン産生に及ぼす影響について.日本呼吸器学会総会(第40回)38:116, 2000.
  127. 出崎真、滝沢始、大利隆行、砂塚敏明、大村智、伊藤幸治、山本一彦.エリスロマイシンの各種転写因子に及ぼす影響.日本呼吸器学会総会(第40回)38:116, 2000.
  128. 出崎真、滝沢始、大利隆行、砂塚敏明、大村智、伊藤幸治.エリスロマイシンの各種転写因子に及ぼす影響.アレルギー気道上皮細胞研究会(第3回) 2000.12. 4.

(2000年まで)